福祉学

どんな学問?

実り豊かな人生を目指して

福祉学のイメージ画像!福祉とは、「人間が健康で幸せに生きる」こと。誰しもそのように生きたいと願うのですが、健康で幸せな生き方には様々な壁があるのです。例えば、私たち人間はいずれ年をとります。年齢を重ねると身体が思うように動かなくなります。抵抗力が弱まり、様々な病気にもかかりやすくなります。そうなったとき、どうすれば安心して生きていけるか、不安になりませんか?また、何らかの原因で職を失うことや、様々な事情で働けなくなることもあるでしょう。そのようなとき、健康で不安なく暮らしていくことができるでしょうか?「福祉学」は、こういった問題点を乗り越え、みんなが健康で幸せに生きていくためにはどうすればよいかを考える学問です。

老人福祉・児童福祉・貧困の問題など、福祉を実現するためには考えなければならない問題がたくさんあります。こういった問題を考えるためには、まず福祉に関する法律や政策、制度など社会のルールを学ぶ必要があります。合わせて「経済学」「財政学」「社会学」などの知識も重要です。また、人間の幸せを考えていくためには、人間の心や身体に関する「心理学」や「医学」の知識も関連があるでしょう。つまり福祉学は、幅広い分野の知識を総動員して考察する学問なのです。

さらに、考えたアイデアを実践していくことも必要です。そのため多くの大学では、福祉施設(高齢者向け施設・児童福祉施設・障害者福祉施設など)での実習を行っています。高齢者や身体が不自由な人の目線に立つために、様々な器具を使った疑似体験を行うこともあります。

福祉の視点は「ものづくり」の中にも応用されており、障害者や高齢者に対して工学的に支援を行う「福祉工学」という学問もあります。人間に代わって身体が不自由な人の介助を行う介護ロボットやユニバーサルデザイン(参照)商品の開発などは、福祉工学の成果の1つと言えます。

Q&Aこんな疑問に答えます

Q.

どのような人が福祉学に向いていますか?

A.

困っている人の手助けをするための学問だと思う人も多いでしょう。もちろんそういった一面もありますが、本来はすべての人の幸せについて考えていくのが福祉学の目的です。特に日本では急激に少子高齢化が進み、2035年には3人に1人が65歳以上になると予測されています。また、児童虐待や育児放棄、経済格差による貧困の問題など、社会全体で考えていかなければならない問題が山積みです。福祉学は「未来をよりよいものにしたい」と考える人に、ぜひ学んでもらいたい学問です。

Q.

福祉系の仕事をするためには、何か資格が必要なのでしょうか?

A.

職種によって異なります。例えば介護職では、介護職員初任者研修や実務者研修、介護福祉士の資格などを求められることがあります。公務員の福祉職は、自治体によっては社会福祉士や精神保健福祉士などの資格保有を応募条件としているところもあります。ただし、福祉サービス、福祉機器などを扱う一般企業などでは、資格の有無を問われないことが多いでしょう。ひとくちに福祉と言っても仕事の幅がとても広いので、どのような形で携わっていきたいかという具体的な目標をもつことが重要です。­
※ 介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士の資格については、こちらの「資格一覧」を参照してください。

Q.

福祉施設での実習が多いって本当ですか?

A.

実習が必修か選択かは、各大学のカリキュラムによって異なります。社会福祉士や精神保健福祉士などの福祉系の資格取得を目指す場合は、介護・福祉施設での実習が必須となります。
福祉学は、人間が幸せに生きるためにはどうすればよいかを、本を読んで調べたり考えたりするだけではなく、実生活に活かしていくことを目的としています。積極的に実習に参加して、生きた福祉学を学べるとよいですね。

ひとことコラム

すべての人を包み込む社会 〜ソーシャルインクルージョン〜

近年、多くの国が経済的に豊かになるにつれ、社会福祉制度も充実するようになりました。一方で、せっかく充実した制度が、高齢者や児童、障害者など支援を必要とする人々に届いていないという問題も起きています。
そこで1980年代、ヨーロッパで生まれた理念が「ソーシャルインクルージョン」というもの。これは、生きていくうえで支援が必要な人々が孤立しないように、社会の一員として支え合おうという考え方です。今後はそういった人々を支えられる社会を確立することが福祉の課題と考えられており、日本でも社会福祉政策の重要なテーマとして捉える動きがあります。

こんな研究もあるよ

災害時の福祉サポートを考える ——「災害福祉学」

日本は自然災害の多い国と言われています。災害が起きて、政府や地方自治体などの行政機能が麻痺してしまったとき、近隣に住む人たちだけで高齢者や身体が不自由な人々を助けられるか――そのような研究を行うのが「災害福祉学」です。災害の発生を予測するのは難しいので、いつ何が起きても近隣の人々で助け合えるサポート体制を作っておかなければいけません。そのためには、政策面・制度面だけではなく、近隣の人々や地域社会への福祉教育を含めた様々な取り組みが必要となります。
いざというときに、弱い立場の人々をしっかりとサポートできる準備が整った社会、それこそがあらゆる人々にとって理想の日常社会だと言えるでしょう。

卒業後の主な進路

医療・福祉方面が多数、福祉職の公務員も

福祉学を学んだ人の進路として最も多いのは、やはり医療・福祉方面です。なかでも、老人や児童、障害者の民間施設や病院への就職が特徴的です。また、福祉サービスや老人ホームの運営、福祉機器を扱う一般企業へ就職する人もいます。公務員として福祉事務所や児童相談所などに勤務する人もいます。
公務員の場合、福祉職という採用枠もありますが、応募にあたり社会福祉士(資格一覧参照)などの資格取得が義務づけられていることもあるので注意が必要です。
また少数ではありますが、大学院へ進む人もいます。大学院では、社会福祉を学問的に取り扱い、社会福祉学の研究者や指導者的な立場の人材育成を目的としています。

専門用語を知ってるかな?

ノーマライゼーション

高齢者や障害のある人々の日常生活を、より自然で不自由の少ないものに近づけていくべきという考え方です。もともと1950年代から1960年代に北欧で広まった考え方ですが、その後、日本でも広く共有されるようになりました。また、近頃は、障害があっても他の人々と同じように生活できる社会こそがノーマルな社会であり、そういった社会を目指していくべきだという意味でも解釈されるようになってきています。

ワーキングプア

一般的な労働者と同じ程度働いているにも関わらず、貧困が改善されない人のこと。マスコミで取り上げられ、話題になった言葉です。ワーキングプアが問題になった背景には、不安定な非正規雇用(派遣社員、パート・アルバイトなどの雇用)の増加や、低い賃金での労働があると考えられています。ワーキングプアは新しい言葉、概念だと思われがちですが、今から100年以上前の時代から一生懸命働いていても貧しい生活が改善できない人たちはいたと言われています。

関連学部から探す

関連した学部をご紹介しています。興味のある他の学問も読んでみましょう。

予約コード17GJWAZ

『学部学科がわかる本』冊子版をプレゼント

予約コード17GJWAZ

ページトップへ戻る