医学

どんな学問?

知識と人間性を兼ね備えた医師を目指して

医学のイメージ画像!誰でも一度は病院や診療所で医師の診察を受けたことがあるでしょう。「自分も大人になったら医者になって、苦しんでいる人を助けたい」と思ったことがある人も多いのではないでしょうか。そんな気持ちをもち続けている人のための学問が「医学」です。
医師になるためには、大学の医学部で学び、医師国家試験に合格しなければなりません。医学は、人体の構造や生理機能について学び、病気の治療や予防法を研究・習得することを目指した学問です。また、幅広い知識だけではなく、医療の倫理や道徳面について学ぶことも重視されています。人間性も含め、総合的に卓越した医師の育成が医学の目的なのです。
医学部では、6年間で医師として必要な知識や技術を習得していきます。ここでは、大学入学から医師になるまでの一般的な流れを見ていきましょう。

医学部6年間過程

医学部の専門科目は、大きく「基礎医学」「社会医学」「臨床医学」の3つに分けられます。それぞれの概要を見ていきましょう。

1.基礎医学

医師として患者の診察や治療を行うために必要な基礎知識を学んでいきます。例えば、人体の機能を学ぶ「生理学」、病気のメカニズムを学ぶ「病理学」、身体の器官を学ぶ「解剖学」、薬の特性を学ぶ「薬理学」、人間の免疫機能を学ぶ「免疫学」などがあります。
大学によっては専門分野ごとに学ぶのではなく、各分野を結合させた総合的なカリキュラムを組んで授業を行っているところもあります。

2.社会医学

職業や経済状況などの社会的要因と病気との関係を研究し、人々の健康向上を考える分野です。病気になりにくい生活や社会を目指す「公衆衛生学」、寄生虫と宿主の関係について学ぶ「寄生虫学」、犯罪の解明や親子鑑定などを扱う「法医学」など、人間とそれを取り巻く社会環境に関する事柄を学びます。

3.臨床医学

実際に医師として患者を診断し、治療するための科目です。「内科学」「外科学」「整形外科学」「皮膚科学」「眼科学」「耳鼻咽喉科学」「産婦人科学」「小児科学」「神経精神科学」「放射線医学」「脳神経外科学」「麻酔学」などを学びます。これらは、将来どの診療科目に進みたいかに関わらず、すべてを履修することになっています。大学によっては、臓器別・疾患別区分にしたがって「消化器系」「循環器系」といった区分で勉強する場合もあります。

ひとことコラム

解決なるか!? 日本の医師不足

現在、医師不足に関する議論が盛んに行われています。地域・診療科目による医師の偏在が一番の問題となっていますが、世界的に見ても日本の医師の数は少なく、全体的な医師の数の不足が偏在を生じさせた原因だという意見もあります。
今後、団塊世代の高齢化に伴う医療需要の増大ともからんで早急な対応が必要とされており、医学部の入試においても、一定期間大学のある地元の病院で勤務することを条件とした「地域枠」の拡大が進められたり、出産や育児で職場を離れた女性医師の復職を支援する制度の拡充も検討されています。

日本の医師不足

Q&Aこんな疑問に答えます

Q.

どのような人が医学に向いていますか?

A.

医学は、人体の構造や機能に限らず、社会環境や倫理的問題とも関係があります。最近では工学系など他の学問との関わりも深くなってきていますので、多分野に興味がある人に向いていると言えます。医師は人と接する職業ですから、コミュニケーション能力も求められます。また、覚えることが多岐にわたり勉強時間も多くなりますし、医師の仕事は激務ですから体力も必要です。
ただ、一番大切なのは「病気やケガで困っている人を助けたい」という強い意志であることは間違いないでしょう。

Q.

医学部はお金がかかると言いますが、どのくらい必要ですか?

A.

国公立大学の学費は全学部同じで、6年間で350万円くらいです。私立大学の場合は、2000〜5000万円と、大学によってかなり差があります。ただし、私立大学でも学費貸与制度のあるところや、成績上位者に対して学費を一部免除する制度を設けているところもあります。学費に特別な制度がある大学を以下に挙げました。
自治医科大学:すべての学生を対象とした学費貸与制度があり、卒業後、指定された公立病院などに一定期間勤務すれば、返還が免除されます。
産業医科大学:すべての学生を対象とした学費貸与制度があり、卒業後、貸与を受けた1.5倍の期間、産業医などの職務に勤務すれば、返還が免除されます。
防衛医科大学(準大学):入学後は防衛省職員となり、学費・寮費・食費は不要で学生手当や期末手当も支給されます。ただし、卒業後9年以内に離職する場合は償還金が必要となります。

Q.

臨床研修制度について教えてください。

A.

医師国家試験合格後、臨床研修指定病院で2年間、研修医として勤務します。勤務する病院は、「マッチング」という方式で決まります。

医学部6年間過程

Q.

病院勤務医と開業医はどのような違いがありますか?

A.

勤務医の業務は、外来と病棟の2種類から成ります。外来は外から来る患者の診察や治療を行うこと、病棟は入院患者の治療を行うことが主な仕事となります。病院の規模や医師の数にもよりますが、勤務時間は定時というわけにはいかず、当直勤務が課されることも多いようです。開業医は、診察・治療の他にレセプト(医療費の明細書)を書く業務が必要となり、経営者としての技量も問われます。一方で、勤務時間が安定している、収入が増える場合が多い、定年なく働けるといったメリットもあります。

Q.

法医学はどんなことを学びますか?

A.

法医学の目的は、個人の基本的人権や社会の安全を守るために、医学的解明や助言を必要とする事項について公正な判断をくだすことです。その対象は生体・死体・物体・書類と多岐にわたりますが、多くは犯罪に関係のある死体やその疑いのある死体の司法解剖です。それらの死体を解剖し、死因や死亡日時などを解明するのが目的です。他の医学が人の命を守る学問であるのに対し、法医学は死の真相を探る学問と考えてもよいでしょう。

専門用語を知ってるかな?

QOL

Quality of Life(生活の質)の略語。当初は癌(がん)患者の支援のために使われていた言葉ですが、最近では幅広い解釈がされるようになり、心理的・社会的な豊かさ、人間らしい充実した生活のレベルを表す際にも使われています。例えば、1日3回服用しなければならなかった薬が1日1回ですむようになれば、それは「QOLの向上」と言えます。

重粒子線治療

癌(がん)の放射線治療法の1つ。従来の放射線治療には、身体の奥にある癌細胞まで十分なダメージを与えられない、癌以外の正常な細胞にもダメージを与えてしまうといった問題があります。しかし、この治療法は癌の致死率が高く、癌だけを狙って照射できることから、最先端治療として注目されています。一方で、治療費が高い、治療を受けられる施設が少ないなどの課題も残っています。

テーラーメード型治療(オーダーメード型医療)

病気の種類や程度に応じて決まった治療をするのではなく、個人の体質や環境に応じて治療法を決定していくことを言います。将来的には、遺伝子の個人差に応じた治療法の選択が可能となるように、遺伝子診断の研究が盛んに行われています。

腹腔鏡(ふくくうきょう)手術

開腹するのではなく、腹部に数センチの切れ目を作り、そこからカメラや鉗子(かんし)と呼ばれる細く長い器具を入れて、カメラを通した映像をモニターに映し、モニターを見ながら臓器を切ったり取り出したりする手術です。身体への負担が少なく、術後の社会復帰も早いというメリットがありますが、高い技術が求められる難しい手術です。

ポリクリ/クリクラ

主に医学部生の間で使われる言葉。ポリクリはPoliklinik(ドイツ語で総合病院の意)の略、クリクラはclinical clerkship(英語で臨床実習の意)の略で、5~6年次に経験する病院実習のことです(参照)。大学によってはポリクリを見学中心の実習、クリクラを実践中心の実習として実施する期間や学年が分かれていることもあるようですが、区別されていないこともあります。

こんな研究もあるよ

視覚障害者を救え!——「人工視覚システム」

現在、重度の視覚障害者は日本だけでも20万人近くにのぼりますが、有効な治療法が少なく、視覚機能を回復するのは困難であると言われています。そこで注目されているのが「人工視覚システム」です。特殊なCCDカメラで撮影した映像を電気信号に変換し、失明した人の網膜や脳に埋め込んだ電極へ送ることで視覚機能の回復を目指します。これまで網膜を刺激する方法や視神経を刺激する方法、脳を刺激する方法など様々な方法が研究されていますが、最近では電気信号の代わりに神経伝達物質を使って刺激を与える方法も試みられています。すでに実際の手術に取り入れられている例もありますが、どこを刺激するとどのような視覚情報が認識されるのかなどまだ謎の部分があり、課題の多い分野です。

卒業後の主な進路

国家試験、研修医を経て「お医者さん」へ
研究者として医学の発展に貢献する人も!

臨床医を目指す場合には、6年生の2月に医師国家試験を受験し、研修医として2年間働くこととなります。研修終了後は、勤務医として病院で働いたり、開業医になったりします。また、厚生労働省や保健所などの行政機関に就職する人、産業医として企業などで労働者の健康管理に携わる人もいます。医学研究者を目指す場合には、大学院博士課程に進学して、さらに4年間学ぶことになります。その後、大学や研究所で遺伝子や免疫など基礎医学分野の研究者となる人や、優れた医師を育成するために大学の教員となる人もいます。

ひとことコラム

医師への険しい道のり

医師になるためには避けて通れない医師国家試験。6年生の2月に3日間にかけて行われ、医学関連科目などから医師として知っておかなければならないことを中心に合計500題が出題されます。解答は「選択肢方式」で、2015年実施試験の合格率は91.5%でした。大学によっては、合格率を高めるために国家試験に合格できそうにない学生は卒業させないこともあると言われています。当然、国家試験に合格できないと医師として働くことはできません。医学部受験の高倍率、6年間のハードな学習、そして国家試験。医師への道のりは大変険しいものです。ただし、これは、医師という職業が、人の命を扱うという重大な責務を担っていることの表れと言えます。医学部を目指し、将来医師として働きたいと思っているみなさんは、医師としての重責をしっかり理解し、努力していかなければいけませんね。

Interview

たくさんの命を救うために

慶應義塾大学 医学研究科 河上 裕 先生

慶應義塾大学
医学研究科
河上 裕先生

臨床から研究の道へ

私は慶應義塾大学医学部を卒業したあと、内科医として、特に白血病などの治療を行う「血液内科」を専門に働いていました。しかし、現場では、治せない病気が山ほどあるということがよくわかりました。治せる病気だけを治すのではなく、治らない病気で困っている人たちを助けるためには、研究が必要ということを身にしみて感じ、医学研究の道に進みました。白血病は血液細胞の癌(がん)ですし、血液は免疫と密接な関係にあります。そこで私は米国に渡りNIH国立がん研究所を中心に12年間、「癌(がん)」と「免疫」の研究に取り組みました。

「癌(がん)」と「免疫」の関係の理解と「癌(がん)免疫療法」の開発

癌は、細胞に遺伝子異常が起こり、コントロールの効かない異常細胞がどんどん増えて身体が破壊されてしまう病気ですが、実は、日本人の2人に1人がかかる非常に多い病気です。癌の治療は、①外科手術、②抗癌剤を使用する化学療法や分子標的治療、③放射線治療が「三大標準治療」と呼ばれていました。しかし実際には、約半数の患者さんが標準治療では完治できません。そこで、第4の治療法とも言われるのが、私たちの研究している「免疫療法」です。体には細菌やウイルスを排除する「免疫防御」という仕組みがあり、インフルエンザなどの予防接種もこれを利用したものです。
私たちは、長年、免疫細胞(特にTリンパ球)は癌細胞をどうやって見分けるのか? どうやって癌細胞を排除できるのか?癌細胞はどうやって免疫防御から逃避するのか?という疑問に対して、患者さんからいただいた貴重な血液や癌細胞などを用いて研究をしてきました。最近、「免疫チェックポイント阻害剤」と「培養T細胞を用いる養子免疫療法」という2つの免疫療法が、癌を攻撃するTリンパ球を活性化させて、進行した癌にも強力な治療効果を示すことがわかり、今、癌免疫療法は、世界の癌治療開発の中で最大のトピックスとなっています。しかし、まだ効かない患者さんも多く、私たちは癌免疫療法の改良のために、コンピューターを用いたマルチオミックス解析などの新技術を駆使して、癌の免疫病態の解明とその制御法の開発のために、日々努力しています。私は若い方が癌で亡くなるのを多く見てきましたので、単なる科学的な興味を超えて、私たちの研究が少しでも癌で困っている患者さんのために役立てばと願っています。

医学研究は医者だけではできない

医学の発展には、他分野との協力が欠かせません。例えば、バイオインフォーマティックスと呼ばれる統計解析には数学の知識が必須ですし、「ロボット手術」の開発には機械・電気・通信の知識が不可欠です。臨床試験の実施においては社会科学の知識も必要です。ですから、文科系の人も含めて、あらゆる人が医学に直結した仕事に就くことができます。そのことはみなさんに是非知っておいてほしいと思います。

河上先生からのメッセージ

自分の好きなもの、やっていてあまり苦にならないものを見つけましょう。それがみなさんの素質や才能です。皆、それぞれ好きなことは異なると思います。そして、好きなものを見つけたら、一生懸命努力して、世界に飛び出しましょう!そのためには、カタコトで構わないので、英語が話せるとよいですね。世界に出れば、面白いことがたくさんあります!皆さんの人生が本当に広がります!

関連学部から探す

関連した学部をご紹介しています。興味のある他の学問も読んでみましょう。

予約コード17GJWAZ

『学部学科がわかる本』冊子版をプレゼント

予約コード17GJWAZ

ページトップへ戻る